RPG作成ツールを使ってみる

C言語やC++とは関係ないのですが、ツールについて少し触れておきます。
RPGを作る場合には、RPGツクールを使う人が多いようです。
他にはWOLF RPGエディター(ウディタ)などがあります。

RPGツクールXPやVXではRGSSスクリプトが使えますが、Rubyがベースとなっています。
RPGツクールの場合は、完成したゲームのデータの中身を見ることができます。(XP,VXなどでプロテクトしてある場合を除く)
作りたいRPGの中をのぞいて、参考にするのもいいと思います。

スクリプトも参考になるでしょう。
ただ、Rubyベースの言語なのでCやC++とは記述方法が違います。両方、またはどちらかを習得していない場合は余計な手間がかかってしまいます。

これらのツールを使うと、「何でも自由に作れる」というプログラミングの楽しさは得られないかもしれません。
ツールを使っていれば、RPG作成に必要なアルゴリズムについて勉強になります。
ツクールには体験版がありウディタはフリーソフトとして公開されているため、無料でダウンロードできます。最終的にC++等のプログラムでRPGを作るつもりでも、機能を眺める程度に使ってみるといいかもしれません。


ゲームシステム以外にも、画像や音楽も必要になると思います。
素材を利用するか自作するかという選択することになります。
このあたりも、ツクール製のゲーム等を見ると参考になることが多いです。
ドット絵や3D背景といったグラフィック関連や、SEやBGMといったサウンド関連については、また別の機会に書いていきたいと思います。

ゲームシナリオの書き方